ジョーダン・クラークソン「Dリーグでのプレイが俺を助けた」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのキャリア2年目ガード、ジョーダン・クラークソンは、昨季後半からブレイクし、一躍レイカーズの先発に躍り出た。

ルーキー・オブ・ザ・イヤー候補にもノミネートされたクラークソンだが、昨年11月から今年1月にかけてレイカーズ傘下のDリーグチーム、ロサンゼルス・ディーフェンダーズで5試合に出場。

クラークソンによると、昨季後半のブレイクはDリーグでのプレイが大きな鍵になったという。クラークソンのコメントをNBADLeague.comが伝えている。

「いつだって試合に集中してるんだ。昨季のはじめ、俺はレイカーズで十分な出場時間をもらえなかった。コーチに『プレイさせてくれ』って頼んだこともあったよ。俺は得点するのが大好きだし、ベンチに座ってるだけじゃうまくなれないよね。ディーフェンダーでのプレイは間違いなく俺を助けてくれた。試合のレベルは少し違うけど、試合をスローダウンさせることを学んだし、NBAで良いプレイヤーに早くステップアップすることができたんだ」

ドラフト2順目16位、全体46位でリーグ入りしたクラークソンだが、今後は中核選手としてレイカーズを牽引しなければならないだろう。

ジュリアス・ランドルやディアンジェロ・ラッセルら若手有望株を揃えるレイカーズ。

そこにクラークソンのスパイスが加われば、プレイオフ復帰も夢ではない。

なお、クラークソンはDリーグで5試合に出場し、平均22.6得点、3.6リバウンド、7.8アシスト、FG成功率50.0%、3P成功率22.2%を記録。

レイカーズでは59試合に出場し、平均11.9得点、3.2リバウンド、3.5アシスト、FG成功率44.8%、3P成功率31.4%を記録した。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ブライアントノア

    クラークソンはよく目を見開いていてギラギラした雰囲気が好きです。
    野心的で伸び代を感じさせてくれてイイ感じです(^^)

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      野心的な選手は良いですよね!
      お利口さんプレイヤーにはならないでもらいたいと思ってます(^_^;)

*

CAPTCHA