ポール・ジョージ チームUSAのミニキャンプから離脱

【スポンサーリンク】

日本時間12日からスタートしたチームUSAのミニキャンプに、インディアナ・ペイサーズのポール・ジョージは参加する予定だった。

だが、ラスベガスでのミニキャンプ初日にジョージの姿は見られなかったことから、回復の遅れが心配されていたが、マイク・シャシェスフキーHCとチェアマンのジェリー・コランジェロがジョージのミニキャンプ離脱を容認していたようだ。

ESPNによると、ジョージはラスベガスに来ていたものの、キャンプがスタートする前日の夜、シャシェスフキーHCとコランジェロはジョージと話し合いの席を持ち、ミニキャンプからの離脱を容認したという。

カイリー・アービングらリハビリ中の選手がサイドラインからワークアウトを見学している中、なぜジョージの離脱が容認されたのか分からないが、ジョージはこの数日をさらなる回復にあてることができるだろう。

なお、ミニキャンプ初日にはクリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスと、膝を手術したダラス・マーベリックスチャンドラー・パーソンズは姿を現さなかったものの、日本時間13日のキャンプ2日目から加わる予定だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA