ケビン・デュラント「俺が世界最高の選手」

【スポンサーリンク】

2013-14シーズンのMVPに選出されたケビン・デュラントにとって、怪我に泣いた昨季はフラストレーションが溜まるシーズンだったことだろう。

相棒のラッセル・ウェストブルックは怪我からの復帰後にMVPクラスのパフォーマンスを見せるも、オクラホマシティ・サンダーはプレイオフ進出を逃してしまった。

来季はデュラントの完全復活が期待される中、デュラント本人が自信を伺わせた模様。デュラントのコメントをCSN Chicagoの記者がTwitterで伝えている。

「他の誰かをリスペクトしてないってわけじゃないけど、俺が世界最高の選手だと思う」

現時点で世界最高峰の選手とされるレブロン・ジェイムスをはじめ、これまでにはジェイムス・ハーデンやドワイト・ハワードらが自身を「世界最高の選手」と自負してきた。

そして、昨季のMVPに選出され、タイトルを獲得したゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリーも、着実に世界最高の選手へと近づきつつある。

デュラントのこの言葉は、これらトップクラスの選手に打ち勝つことだけでなく、自信の完全復活を誓うものなのだろう。

来季のデュラントはこれまでとは一味違う、これまで以上のパフォーマンスを見せてくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA