ドレイモンド・グリーン ブックメーカーの優勝予想を軽くあしらう

【スポンサーリンク】

昨季のタイトルを獲得したのは、スティーブ・カーHC率いるゴールデンステイト・ウォリアーズだ。

来季もほぼ変わらないロスターで戦うこととなったウォリアーズだが、多くのブックメーカーは来季の優勝筆頭候補としてレブロン・ジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズを挙げている。

また、ラマーカス・オルドリッジやデイビッド・ウェストらを獲得したサンアントニオ・スパーズをキャブスに次ぐ優勝候補に挙げているブックメーカーも多い。

そしてウォリアーズが続いているわけだが、圧倒的な力で優勝したにも関わらず、ブックメーカーの予想でキャブス、スパーズに次ぐ倍率にとどまっていることについて、ドレイモンド・グリーンは特に気にしていないようだ。グリーンのコメントをCSNBayArea.comが伝えた。

「俺らがお気に入りのチームじゃないって、みんな言ってたよ。俺らはディフェンディングチャンピオン。だけど、スパーズがオフの補強に成功した後、みんな俺らを外したのさ」

ブックメーカーの予想は、ウォリアーズの面々にとって屈辱的とも言えるものだろう。

もちろん、カイリー・アービングやケビン・ラブらが復帰するキャブスは強い。

ティム・ダンカンが現役続行を決め、オルドリッジとウェストを加えたスパーズも、間違いなく優勝候補の1チームとして数えられる。

それでも昨季のチャンピオンチームを下すのは、そう簡単ではないはずだ。

王者として敵チームを迎え撃つ立場となったウォリアーズだが、来季は真価を問われる一年になるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA