ジェイムス・ハーデン トレード獲得のタイ・ローソンについて「両手を広げて大歓迎」

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツは先月、デンバー・ナゲッツとのトレードでポイントガードのタイ・ローソンを獲得した。

アルコール依存症の治療を受けているローソンの獲得は、ロケッツにとってある意味ギャンブルとも言えるだろう。

ナゲッツ時代にローソンと共にプレイした経験があるコーリー・ブリュワーは先日、「タイは俺たちにとって必要なもの」とコメント。ローソンのアップテンポなプレイに期待し、全力で支えていく考えを明かした。

ブリュワーに続き、チームリーダーのジェイムス・ハーデンもローソンに大きな期待を寄せているようだ。ハーデンのコメントをthe Houston Chronicleが伝えている。

「タイは俺らを助けてくれると思うよ。彼は俺らにクイックネス、スピード、プレイメイキングをもたらしてくれる。それって俺らにはなかったもの。特にプレイオフでね。俺らは彼を両手を広げて歓迎する。彼と一緒にいられることに、俺らはハッピーなんだ」

「彼の加入は俺らのチームに大きなプラスとなるだろうね。ここ数週間、俺は彼と過ごした。彼はこれまで以上に集中してるよ。才能をいかすため、俺らをサポートするため、彼は本当に良いチームでプレイする機会を手にしたんだ」

ローソンはアルコールリハビリ施設での30日間にわたる治療プログラムを終え、先日までハーデンとワークアウトに励んでいたという。

果たしてローソンはキャリアを取り戻すことができるだろうか?

もし取り戻せた場合、ローソンはロケッツの大きなオプションとなるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA