キャブス JR・スミスに640万ドル以下でオファーか?

【スポンサーリンク】

昨季途中のトレードでニューヨーク・ニックスからクリーヴランド・キャバリアーズへ移籍したJR・スミスは、プレイヤーオプションを破棄し、FAとなった。

だが、キャブスとの再契約濃厚とされていたものの、スミスはまだどのチームとも契約していない。

そのスミスに対し、キャブスがようやく重い腰を上げたようだ。

Cleveland.comによると、キャブスはスミスに640万ドル未満の契約をオファーしたという。

これは、スミスが破棄したプレイヤーオプションの金額、639万9750ドルと大きな差はないが、プレイヤーオプションの金額よりさらに低い金額でオファーした可能性が高い模様。

キャブスはトリスタン・トンプソンとの契約問題も残しているが、アウトサイドショットを打てるスミスは確保しておきたいところ。

ただし、有力なベンチスコアラー、たとえば以前から噂されているロサンゼルス・クリッパーズのジャマール・クロフォードのような選手をトレードで獲得できる算段がつけば、スミスの立場は危うくなる。

なお、Cleveland.comによると、スミスに640万ドルの契約をオファーできるのは、現時点でフィラデルフィア・セブンティシクサーズとポートランド・トレイルブレイザーズの2チームのみ。

シクサーズは再建中、ブレイザーズは再建期に突入するとされるチームであるため、640万ドル以下の契約であれば、スミスはタイトル獲得を狙えるキャブスを選択するだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA