ジェイソン・テリー ロケッツとの再契約理由は「ジェイムス・ハーデンの説得」

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツと再契約を結んだベテランガード、ジェイソン・テリーは、ニューオーリンズ・ペリカンズとの契約が濃厚と言われていた。

ロケッツからの再契約オファーに納得できず、ペリカンズとの契約を真剣に検討したとされているが、最終的にはロケッツとの再契約を決断。

テリーの再契約の裏では、ジェイムス・ハーデンの働きかけがあったようだ。テリーのコメントをFOX26Sportsが伝えている。

「(ハーデンは)基本的に俺を他のどこかに行かせたくなかったんだ。彼の成長と進歩に俺がどれだけ重要な存在なのか知るのはタフだったよ。中心選手じゃないけど、中心選手が俺を必要としてくれてる。それがカムバックの決断を簡単にしたんだ」

パトリック・ビバリーが負傷離脱した後、テリーは先発ポイントガードとしてロケッツの勝利に貢献した。

だが、先日のトレードでタイ・ローソンを獲得したため、テリーのポイントガードとしての出場機会は激減するだろう。

とはいえ、2番のポジションでもプレイできるユーティリティプレイヤーであるため、一定の出場時間は得られる見込みだ。

ベテランとしての経験がハーデンをどう成長させるのか、来季の二人の関係には注目が集まる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA