ランス・スティーブンソン「クリッパーズはタフな男を失った」

【スポンサーリンク】

シャーロット・ホーネッツで不遇のシーズンを送ったランス・スティーブンソンは、このオフのトレードでロサンゼルス・クリッパーズへ移籍した。

スティーブンソンを獲得するため、クリッパーズはベテランのマット・バーンズをトレードで放出したが、メンタルが強く、いかなる相手にも物怖じすることのないバーンズは、クリッパーズにとって大きな存在だったと言えるだろう。

だが、クリッパーズは優勝経験のあるポール・ピアースをはじめ、スティーブンソンやジョッシュ・スミスらを獲得。

より強力なロスター構成に成功したクリッパーズに、多くの注目が集まっているのは間違いない。

そのスティーブンソンが、クリッパーズについて次のようにコメント。the Los Angeles Timesが伝えた。

「タフで、誰に対しても頭を下げることのない男を失った」

名指しを避けたスティーブンソンだが、確実にバーンズのことを指していると言える。

ただ、気持ちの熱さで言えばスティーブンソンも負けていない。

おそらく、バーンズ以上のタフさを持って戦うことを誓っていることだろう。

また、スティーブンソンの契約は来季で満了となるため、より巨額の契約を手にするためにも、スティーブンソンにとって来季はひとつのターニングポイントとなるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA