スタン・バン・ガンディHC ハック作戦について「効果的じゃない」

【スポンサーリンク】

デトロイト・ピストンズがプレイオフチームへ復活することができれば、来季はアンドレ・ドラモンドのフリースローにも注目が集まることになるだろう。

昨季はロサンゼルス・クリッパーズのデアンドレ・ジョーダンやヒューストン・ロケッツのドワイト・ハワードらにハック作戦が用いられたが、昨季のフリースロー成功率を見てみると、ジョーダンは39.7%、ハワードは52.8%を記録したのに対し、ドラモンドのフリースロー成功率は38.9%。

ピストンズの核であるドラモンドにはフリースローの改善が求められる。

だが、スタン・バン・ガンディHCはそれほど気にしていないようだ。バン・ガンディHCのコメントをthe Detroit Free Pressが伝えた。

「私はドワイト・ハワードをコーチングしてたことがある。シャックもね。だから、それ(ハック作戦)の経験はあるんだ。だけど、それが勝利もしくは敗北に効果があったとは思わない。ポゼッションを1つや2つ得るには効果的かもしれないけどね」

「(ドラモンドのフリースローが)絶望的だとは思わない。彼には50%以上を求めたい。彼のフリースロー成功率が50%を上回れば、それ(ハック作戦)は効果的な戦略にならないからね」

実際のデータを基にしたのかどうかは分からないが、バン・ガンディHCには確信があるのだろう。

とはいえ、ドラモンドのフリースロー改善がチームに勝利をもたらす可能性も否定できない。

来季はドラモンドのフリースローにも注目が集まることとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA