ランス・スティーブンソン ロッカールームでの悪影響報道について「事実じゃない」

【スポンサーリンク】

昨季を不本意なまま終えたランス・スティーブンソンには、ロッカールームで悪い影響を及ぼしたという噂があがっていた。

そのスティーブンソンは、このオフのトレードでロサンゼルス・クリッパーズへ移籍。

クリッパーズのロッカールームにおいてもスティーブンソンの悪影響が懸念されているが、スティーブンソン本人がこの噂を否定した模様。スティーブンソンのコメントをthe Los Angeles Timesが伝えている。

「俺には勝利のチップを手にするというミッションがある。素晴らしいシーズンを送るというミッションがある。みんなが間違いだということを証明するというミッションがある」

「たくさんの人たちが俺のことを疑ってて、俺がロッカールームで悪い男という噂を口にしてるよね。だけど、俺がロッカールームで悪い男っていう事実はない。だから、みんなのそれを示してみせて、今年はよりハードにやっていくつもりさ」

クリッパーズではベンチ起用が予想されているスティーブンソンだが、チームにはポール・ピアースという偉大なベテラン選手がいる。

スティーブンソンが暴走するようなら、ピアースがすぐさま歯止めにかかるだろう。

スティーブンソンの契約は残り1年であり、スティーブンソンにとっては生き残りをかけた戦いとなるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA