リッキー・ルビオ ケビン・ガーネットについて「少し怖かった」

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ガーネットは、チーム相手としては心強いものの、対戦相手となると嫌なプレイヤーのひとりだ。

かつてと比較すると、現在のリーグにはトラッシュトーカーが少なくなったと言われているが、ガーネットはコート上でトラッシュトークを繰り広げるプレイヤーであり、相手プレイヤーにとっては最もやりにくいプレイヤーと言っても良いだろう。

ポイントガードのリッキー・ルビオは、かつてガーネットに恐怖心を抱いていたものの、チームメイトとして接するようになってからはガーネットのことが大好きになったという。ルビオのコメントをrappler.comが伝えている。

「まだ若かった頃、俺はKGの試合をたくさん見てたんだ。少し怖かったよね(笑)。だけど、彼がチームに来た時はものすごく興奮したよ。だって、2012年に地元で彼と一緒にプレイする機会があったからね」

「LAでワークアウトをしてた時に親善試合を何試合かやったんだけど、彼がそこに現れた。それで彼に会う機会があったんだ。コート上での振る舞いが彼という男を表してるわけじゃない。彼は本当に良い男だし、素晴らしい男。そして、チームメイトたちを助けてくれる。チームメイトのために相手を破壊するのさ」

全盛期時代のパフォーマンスは失われてしまったが、アンドリュー・ウィギンスやカール・アンソニー・タウンズ、ザック・ラビーンら若手有望株が多いウルブズにおいて、ガーネットは指針を示す大きな存在となるだろう。

とはいえ、ガーネットのディフェンスはまだ通用するレベルにあり、フリップ・ソーンダースHCはガーネットの先発起用を明言している。

大ベテランの背中を見て、若手選手たちは何を学ぶのか。

今後のリーグを支える存在へと成長を遂げるために、若手選手にとって来季は学びの多い一年となるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA