マブス移籍のデロン・ウィリアムスに復活の兆候か?

【スポンサーリンク】

かつてはクリス・ポールとともにリーグを代表するポイントガードとして名を馳せていたデロン・ウィリアムスだが、ブルックリン・ネッツ移籍後は度重なる負傷も影響し、かつての名声は失われてしまった。

そのウィリアムスはこのオフにダラス・マーベリックスと2年1100万ドルで契約。

復活が期待される中、ウィリアムスは早速トレーニングを開始したようだ。

気になるウィリアムスの状態だが、ESPNの記者によると、ウィリアムスはスピードに満ち溢れ、かつてのようなパフォーマンスが期待できる状態にあるという。

ステファン・カリーやラッセル・ウェストブルック、カイリー・アービングら現在のリーグを牽引するポイントガードと比較すると、やはり衰えを隠せないウィリアムス。

とはいえ、かつてのようなパフォーマンスが戻れば、マブスの大きなオプションとなる。

また、ウィリアムスにとって、来季は自身がリーグトップクラスのポイントガードであることを証明するチャンスとなるだろう。

なお、ウィリアムスは昨季、レギュラーシーズン68試合の出場でキャリアワーストとなる平均13.9得点、3.5リバウンド、6.6アシスト、FG成功率38.7%、3P成功率36.7%を記録。

キャリア10年では平均17.0得点、3.2リバウンド、8.5アシスト、1.1スティール、FG成功率44.7%、3P成功率35.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA