トレード希望のマーキーフ・モリス 願い叶わずか?

【スポンサーリンク】

フェニックス・サンズはこのオフ、ラマーカス・オルドリッジ獲得のためにキャップスペースを設ける必要があり、マーカス・モリスをトレードで放出した。

だが、オルドリッジはサンアントニオ・スパーズとの契約を選択。

ベテランセンターのタイソン・チャンドラーらの獲得には成功したものの、オフの補強に成功しなかったチームのひとつと言えるだろう。

サンズの問題はそれだけにとどまらない。

マーカス・モリスをトレードで放出したことに、マーキーフ・モリスが激怒。

「チームの誰とも口を聞きたくない」とし、サンズにトレードを要求したとされているが、サンズはマーキーフ・モリスを放出しないようだ。

the Arizona Republicによると、サンズはマーキーフ・モリスをキープする見込みであり、時間の経過とともにマーキーフ・モリスの怒りが鎮まるのに期待しているという。

サンズのプレイヤーたちは、先日からトレーニング施設でのワークアウトを開始した。

だが、マーキーフ・モリスはその場に姿を現していない。

悪態をさんざんついてしまったがゆえに、チームメイトらと顔を合わせるのに後ろめたさもあるのだろう。

もちろん、いまだ怒りが鎮まっていない可能性もある。

とはいえ、ブランドン・ナイトはマーキーフ・モリスをサポートしていく考えを明かしており、あとはマーキーフ・モリスの決断待ちだ。

なお、マーキーフ・モリスは先日「俺はプロであり、やるべきことをやらなければならない。だけど、チームのためにさらに努力することはない」と発言していた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA