ドック・リバースHC ポール・ピアースとの契約を振り返り「クリッパーズがセルティックスだった」

【スポンサーリンク】

ワシントン・ウィザーズを去り、恩師ドック・リバースHC率いるロサンゼルス・クリッパーズと契約したポール・ピアースは、おそらくクリッパーズで現役を終えることになるだろう。

かつてはボストン・セルティックスでリバースHCらとともに一時代を築き上げたピアースだが、クリッパーズで再びタイトル獲得を目指すこととなった。

そのピアースは、故郷であるロサンゼルスのチームと契約するか、それとも輝かしい時を過ごしたセルティックスと契約するか迷っていたのかもしれない。リバースHCのコメントをMassLive.comが伝えている。

「彼(ピアース)は、2つの場所のどちらかを選びたがってたと思う。セルティックスに復帰するか、もしくは育った故郷でキャリアを終えるか。(クリッパーズとの契約は)私にとってもクールなことだよ」

キャリア15年をセルティックスで過ごしたということもあり、多くのセルティックスファンはピアースの復帰を心待ちにしていたことだろう。

だが、ピアースはタイトル獲得のチャンスがあるクリッパーズとの契約を決断した。

とはいえ、セルティックスファンもピアースの決断を尊重しているに違いない。

ピアースにはクリッパーズにタイトル獲得の経験をもたらし、精神的な支柱となることも期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA