ジャベール・マクギー 自身について「マブスに必要な存在」

【スポンサーリンク】

ここ2シーズンでわずか28試合の出場にとどまっているジャベール・マクギーは、このオフにダラス・マーベリックスと契約した。

マブスはマクギーの他、ザザ・パチュリアやサミュエル・ダレンベアー、サラ・メジリといったセンターを加えたため、マクギーはこれらのプレイヤーと出場時間を争うことになる。

中には出場時間をほとんど与えられないセンタープレイヤーも出てくるだろう。

だが、マクギーは自身がマブスにとって必要な存在であることを確信しているようだ。マクギーのコメントをMavs.comで伝えた。

「マブスのセンターは、みんな違うタイプのプレイヤーだと俺は思ってる。良い競争になるだろうね。バスケットボールは競い合うものであって、それは俺ら全員をステップアップさせてくれるはずさ。俺はジャンプマンであり、ショットブロッカーであり、ダンカー。それってチームが必要としてるものなんだ。俺はペイント内でダンクして、ブロックショットをする存在。できる限りがむしゃらにプレイして、ペイント内での存在感を示したいね」

完全な状態には近づきつつあるも、まだ完全回復には至っていないマクギー。

復帰までのスケジュールはまだ発表されていないが、おそらく序盤は出場時間を制限すると予想される。

その短い出場時間の中で、マクギーは自身の存在感を示さなければならない。

来年夏の契約を確かなものとするために、少なくともかつてを垣間見せるようなパフォーマンスが求められるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA