トニー・パーカーがユーロバスケットの歴代最高スコアラーに

【PR】

サンアントニオ・スパーズのトニー・パーカーは現在、リオオリンピック出場の切符をかけたユーロバスケットにフランス代表のメンバーとして参戦している。

日本時間7日に行われたボスニア・ヘルツェゴビナ代表チームとの試合で、パーカーは20分のプレイで11得点を記録し、フランス代表の勝利に貢献。

また、それと同時にユーロバスケットでキャリア通算1030得点を飾り、1980年代にギリシャのニコス・ガリスが記録した通算得点に並んだ。

nbcsports.comによると、これはユーロバスケット史上最高の通算得点だ。

トーナメント2日目を終え、パーカー率いるフランス代表は2勝0敗を記録し、イスラエル代表、ポーランド代表と並んでグループAの首位を走っている。

グループステージではあと3試合を残しているため、パーカーがユーロバスケット史上最高のスコアラーに単独で躍り出るのは間違いないだろう。

なお、フランス代表は日本時間8日にポーランド代表と、10日にロシア代表と、11日にイスラエル代表と対戦する予定だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読