ジョーダン・クラークソン フィリピン代表としてのFIBAアジア出場を辞退

【スポンサーリンク】

キャリア2年目を迎えるロサンゼルス・レイカーズのジョーダン・クラークソンは以前、フィリピン代表として国際試合に出場したいと話していた。

リオオリンピック出場権をかけたFIBAアジア・チャンピオンシップが今月末からスタートするが、レイカーズでの来季に備えるため、クラークソンはFIBAアジア出場を辞退。

その後、フィリピン代表チームはレイカーズのミッチ・カプチャックらと会談を行い、クラークソンのFIBAアジア出場を正式に要請した。

だが、フィリピン代表チームの望むは叶わなかったようだ。

フィリピン代表は以下の声明文を公式発表。nbcsports.comが伝えている。

「2015FIBAチャンピオンシップでジョーダン・クラークソンをチームに加えるため、我々はできる限りのことを尽くしてきた。だが、(ロスター提出の)最終期限に間に合わせることができず、残念に思っている」

FIBAアジアで戦うロスターを日本時間9日までに登録しなければならなかったが、クラークソンが出場OKの意思を表すことはなかった。

レイカーズのトレーニングキャンプが日本時間30日からハワイでスタートする。

FIBAアジアの日程と一部が重なっているため、クラークソンはフィリピン代表チームに合流するか、それともレイカーズのトレーニングキャンプを優先するか決断しなければならなかった。

怪我のリスクや新たなチームメイトらとのケミストリー構築などを考えた末の結論なのだろう。

なお、フィリピン代表がリオオリンピック出場権を獲得した場合、クラークソンはチームに合流すると見られている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA