ミッチ・カプチャックGM メッタ・ワールドピースとの契約について「急がない」

【スポンサーリンク】

先日、メッタ・ワールドピースがロサンゼルス・レイカーズと契約するとの報道があがった。

イタリアから帰国後はレイカーズの施設でワークアウトに励み、最近はジュリアス・ランドルと共にワークアウトをしていたというワールドピースだが、レイカーズのミッチ・カプチャックGMはワールドピースとの契約について次のようにコメント。the USA Todayが伝えている。

「彼のことは大好きだよ。昨季、彼はヨーロッパにいた。中国にいた。そして、彼の娘の中学校をコーチングし、高校のチームはチャンピオンに導いた。ヨーロッパから帰国した後、彼はここでワークアウトに励んでたんだ。夏の間、ここにいたよ。今でもここに来てる。彼がプレイしたがってるってことは私も知ってるし、その場所がここだってことも分かってるんだ」

「トレーニングキャンプまで、まだ数週間ある。我々のロスターはまだ完全じゃない。契約に関しては差し迫ってないんだ」

ワールドピースは毎日のようにレイカーズのジムに通い、若い選手たちと汗を流しているという。

なお、レイカーズのロスターには契約が保証されたプレイヤーが12人登録されており、あと3人を加えることができる。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    ワールドピース取って欲しいですね(・ω・)ノパレス事件を犯した時よりも今はだいぶ丸くなってますし若手とコービーの架け橋にもなってくれそうですし(・ω・)ノ何より2010年の優勝メンバーの1人がリターンするのは嬉しい事ですしそういった面でも若手に良い影響があると思いますし(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      個人的ですけど、選手じゃなくてもコーチ的な立場でも良いかなと思ってます。

      ロスターを争うのは若い選手ですし、そういう選手たちに機会を与えたいというか(^_^;)

*

CAPTCHA