制限付きFAのノリス・コール ペリカンズとの契約交渉は進展なし

【スポンサーリンク】

昨季途中のトレードでマイアミ・ヒートからニューオーリンズ・ペリカンズへ移籍したノリス・コール。

このオフに制限付きFAとなり、ペリカンズと再契約すると見られていたものの、the Times-Picayuneによると、両者の契約交渉はいまだ進展していないという。

ペリカンズはコールに対し、すでに300万ドルのクオリファイングオファーを提示しているため、現状ではクオリファイングオファーに応じ、完全FAとなる来年夏に大きな契約を狙う可能性が高いと言えるだろう。

一方で、コール側は300万ドル以上の契約オファーを他チームから提示してもらえると考えている模様。

だが、ほとんどのチームはサラリーキャップを埋めつつあり、現時点でオファーをもらえる可能性は低い。

なお、ロサンゼルス・レイカーズとフィラデルフィア・セブンティシクサーズがノリス獲得に興味を示したとされているが、レイカーズはマルセロ・ウエルタスと、シクサーズはケンドール・マーシャルとの契約を決断した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA