元ジャズのチームドクター「デロン・ウィリアムスはコーチングを必要としなかった」

【スポンサーリンク】

2010-11シーズン途中のトレードでユタ・ジャズからニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)へと移籍したデロン・ウィリアムスは、当時ジャズのヘッドコーチを務めていたジェリー・スローンとの間に確執があったとされていた。

当時のウィリアムスはジャズのフロントオフィスに対し、ウィリアムスをとるのか、それともスローンをとるのか選択を迫ったと言われているが、両者は後にこれを否定している。

だが、ジャズのチームドクターを務めていたライル・メイソン医師が、両者の間には確執が確かにあったと証言した模様。メイソン医師のコメントをEye on Basketballが伝えた。

「彼(ウィリアムス)とコーチの間の個人的紛争は大きくなった。結局、彼ら二人が一緒にいるのは不可能になったんだ」

「デロンは(ジョン・ストックトン)と正反対だった。デロンはコーチが指示したプレイをしなかったからね。彼はすべてのプレイにおいて指令したかったんだ。コーチが指示したひとつのプレイをsずに、なぜ他のプレイをしたのか、私には分からない。彼らが袂を分かった原因のひとつだよ。デロンはコーチングを必要としないと決断したのさ」

ウィリアムスと時を同じくして、スローンもジャズを離れることとなった。

ダラス・マーベリックスのリック・カーライルHCはプレイを細かく指示するタイプのヘッドコーチであり、その意味ではスローンと共通する部分がある。

カーライルHCの指示に対し、ウィリアムスが素直に応じるか注目されるが、ウィリアムスもキャリアを重ね、もう31歳だ。

チームのために最善を尽くしてくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA