ケンドリック・パーキンス「アンソニー・デイビスはケビン・デュラント&ケビン・ガーネットと共通してる」

【スポンサーリンク】

このオフにニューオーリンズ・ペリカンズと1年契約を結んだケンドリック・パーキンスは、キャリア12年を通してリーグを代表するスタープレイヤーたちとプレイしてきた。

ボストン・セルティックス時代にはポール・ピアースやケビン・ガーネットら、オクラホマシティ・サンダー時代にはケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルック、そして昨季所属したクリーヴランド・キャバリアーズではレブロン・ジェイムスやカイリー・アービングらとプレイしてきたパーキンス。

来季からはこれからのリーグを担うであろうアンソニー・デイビスとチームメイトとしてプレイすることとなったが、これまでの経験から、パーキンスにはスター選手を嗅ぎ分ける能力が備わったのかもしれない。

パーキンスは新たなチームメイトとなったデイビスをケビン・デュラント、ケビン・ガーネットと比較。パーキンスのコメントをPelicans.comが伝えている。

「彼(デイビス)とは、まだ数日しか一緒に過ごしてない。だけど、彼の人間性やゲーム、彼の体、彼のプレイを見ると、彼は多くの点でケビン・ガーネットと共通してるんだ。彼のバスケットボール以外での人間性を見ると、彼とケビン・デュラントには多くの共通点がある」

また、若いタレントを擁するペリカンズについては、次のように評価した。

「ポジションごとに見てみると、AD(デイビス)、ジュルー(・ホリデー)、エリック(・ゴードン)、タイリーク(・エバンス)と、若く、良いコアが揃ってる。生の才能だよ。彼ら全員、小さなことやプロ意識を教わる必要があった。今の彼らにはすでにプロ意識がある。だって彼らはハードワークしてるからね。でもコート上ではリーダーを必要としてた。チームのベストプレイヤーがリーダーになるとは限らない。より声を上げることができるプレイヤーがリーダーになるんだ」

ペリカンズの現在のロスターにおいて、パーキンスは最も長いプロキャリアを送っているプレイヤーだ。

8年以上のキャリアを過ごしたことがあるのはパーキンスただひとりであり、タイトル獲得の経験もあるパーキンスの声は、ペリカンズの若いプレイヤーたちに響くことだろう。

これまでチームになかった経験をパーキンスがもたらしてくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    BOS時代のチームメイトがKGじゃなくてKDになってますよ

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございます。

      いろいろごっちゃになってしまいました(^_^;)
      助かりましたm(_ _)m

*

CAPTCHA