延長契約交渉中のハリソン・バーンズ エージェントを変更

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズの40年ぶりとなるタイトル獲得に、フォワードのハリソン・バーンズは大きく貢献した。

そのバーンズは現在、ウォリアーズと延長契約交渉中。

日本時間11月1日までに延長契約にサインしない場合、来年夏に制限付きFAとなるが、このタイミングでエージェントを変更した模様。

Yahooによると、バーンズはケビン・ラブやブレイク・グリフィンらをクライアントに抱えるエクセル社と契約し、ジェフ・シュワルツがバーンズのエージェントとして任命される予定だという。

エージェントの変更により、延長契約の交渉が進展する可能性もあろう。

サラリーキャップが増大する来年夏に制限付きFAとなり、より大きな契約を勝ち取るのか、それともこのオフ中に長期契約を結ぶのか、注目が集まる。

なお、バーンズは先日「ウォリアーズに長くいたい」とコメントしていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA