元レイカーのジェリー・ウェスト「コービー・ブライアントのラストシーズンとはならないかも」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズで一時代を築き上げたレジェンド、ジェリー・ウェストは現在、ゴールデンステイト・ウォリアーズのフロントオフィスの一員として働いている。

来年がラストシーズンと噂されるコービー・ブライアントを見続けてきたウェストだが、来季がラストシーズンになるとは思っていないようだ。ウェストのコメントをNBCSports.comが伝えた。

「彼は信じられないようなプレイヤー。私が見てきた中で最も闘争心にあふれたプレイヤーのひとりであり、最も優れた技術を持つプレイヤーなんだ」

「キャリアが終わりに差し掛かってるアスリートを見るのは悲しいよ。だけど、彼のプレイスタイルなら、もっとプレイできるかもしれない。彼は『もうこれ以上プレイしないだろう』て口にしてたよね。だけど、戦う気持ちをすごく持ってると思うし、彼がこのスポーツに別れを告げるのか私には分からないんだ」

「ブライアント自身の観点、並びにレイカーズ側の観点のバランスだよね。彼ら(レイカーズ)が彼を強制的に引きずり出さないことを願ってる。素晴らしいアスリートとして彼には去ってほしいんだ。ただ、彼が引退の時が来たと感じたら、その時に引退してほしい。引退を強制されることはないだろうね」

「今の私はウォリアーズの一員。レイカーズがやってることはすべて素晴らしいことだよ。私にはレイカーズで働く息子がいるし、ウォリアーズで働く息子もいる。私はレイカーズにプレイヤーとしていた時、素晴らしい時間を過ごさせてもらった。信じられないような14年だった。フランチャイズが何もないところから成長していくのを見たし、ロサンゼルスで最も人気のあるスポーツチームになっていく様子を見てきた。その時間を過ごせたということは、すごくスリルがあることだったんだ」

結局のところ、引退はブライアントの意志次第ということだろう。

新たなチームメイトを得たブライアントがどのようなパフォーマンスを見せ、シーズン終了後にどのような決断を下すのか注目が集まる。

【スポンサーリンク】

関連コンテンツ

*

CAPTCHA