シャキール・オニール コービー・ブライアントに現役続行を進言

【スポンサーリンク】

かつてロサンゼルス・レイカーズを3連覇へ導いたシャキール・オニールとコービー・ブライアントは、この夏にポッドキャストで共演を果たした。

レイカーズで共にプレイしていた当時、両者の間には確執があったとされているが、当時の心の内をオニールとブライアントはポッドキャスト内で明かした。

すでに引退し、現在は解説者などとして活躍しているオニール。

一方のブライアントは来季が現役ラストイヤーとも言われており、去就に注目が集まっている。

そんな中、オニールがブライアントに現役続行を進言した模様。オニールのコメントをthe Times Picayuneが伝えた。

「もしまだ何か得るものがあるのなら、現役を続行すべき。引退を決めてしまったら、もう戻れないんだ。もし俺が怪我してなかったら、プレイし続けただろう。ラストシーズンにウィルト・チェンバレンのスコアリングレコードに並ぶ、もしくは上回るためにね」

引退したプレイヤーだからこそ言える言葉であろう。

ブライアントはキャリアで5個のチャンピオンリングを獲得している。

それで十分だと思うプレイヤーもいるかもしれない。

だが、ブライアントが目指しているのは敬愛するマイケル・ジョーダンの記録だ。

まだ気が早いかもしれないが、2015-16シーズン、そしてシーズン終了後のブライアントから目が離せない。

【スポンサーリンク】

関連コンテンツ

*

CAPTCHA