アンソニー・ベネット ウルブズと契約バイアウトに合意

【スポンサーリンク】

アンソニー・ベネットとミネソタ・ティンバーウルブズが契約のバイアウトに合意した模様。Yahooが伝えている。

契約バイアウトが正式成立すればベネットはFAとなり、他チームと交渉を進めていくことになる。

なお、Yahooによると、現時点でベネットを獲得できるだけのキャップスペースを有しているのはフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ポートランド・トレイルブレイザーズなど。

ただし、ベネットに興味を示しているチームは現在のところ出てきていないようだ。

まずはいずれかのチームとトレーニングキャンプを結び、それから生き残りをかけて戦うことになるだろう。

一方、ベネットの契約バイアウトが成立すれば、ウルブズのロスターに登録されている保証下契約のプレイヤーは15名となる。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    2013年ドラフト組はプロの世界で中々成果を挙げられてませんねー
    新人王だったMCWも微妙な活躍ですし、オールスターイベントでもライジングスター以外に出場したのはオラディポくらいでしょうか。更に、私はPHXファンなのですがアレックスレンが一巡目5位と聞いてもピンと来ません

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      確かに・・・
      数年後に化けると良いんですが(^_^;)

*

CAPTCHA