サーシャ・ブヤチッチ トライアングルオフェンスの浸透に尽力

【スポンサーリンク】

フィル・ジャクソンの下、かつてロサンゼルス・レイカーズでタイトル獲得に貢献したサーシャ・ブヤチッチは、このオフにニューヨーク・ニックスと契約し、リーグ復帰を果たした。

トライアングルオフェンスの下でプレイしてきたブヤチッチの知識と経験は、必ずやニックスに好影響をもたらすだろう。

そのブヤチッチが新たなシーズンへ向けて、準備を整えてきている模様。ブヤチッチのコメントをESPNが伝えている。

「いつだってコートに立ってる選手たちを助けたい。チームにはルーキーや若い選手がたくさんいる。俺もまだ若いと思っているけど(笑)。いろんな男でチームは構成されてるし、彼らを指導し、助けられることを楽しみにしてるんだ。先生にはなりたくない。だって俺らを導いてくれるコーチがチームにはいるからね」

「トライアングルオフェンスは、証明されたシステム。ゲームの勝利のためのオフェンスというだけでなく、チャンピオンシップのオフェンスでもある。明らかにそのオフェンスを知ってるプレイヤーが必要なんだ」

「ここにいるみんなは自分自身の役割を学んでるし、みんなが同じページにいるから興奮してる。少し時間がかかるかもしれない。少し我慢しないといけないかもしれない。だけど、意識の中に入れてしまえば、最も美しいオフェンスのひとつになる。最も美しいオフェンスではないかもしれないけど、レイカーズが頂上に立たせたものなんだ」

ブヤチッチはすでにニューヨーク入りし、ニックスのプレイヤーたちと汗を流しているという。

ブヤチッチの存在はどのような効果をもたらすのか。

リーグワースト2位という汚名を晴らすため、ニックスのプレイヤーたちは必死にトライアングルオフェンスを習得しているに違いない。

なお、ジャクソン球団社長はブヤチッチについて次のように話している。

「2014年のクリッパーズとの10日間契約を除いて、サーシャは4年間NBAでプレイしてなかった。だけど、31歳の彼はまだたくさんのゲームに出場できる。彼はクラシックなシューター。彼が狙いを定めたら、3分でゲームを変えることができる。我々にとってベンチから出てくる重要なパワーだよ」

【スポンサーリンク】

関連コンテンツ

*

CAPTCHA