ジェイソン・リチャードソン 34歳で現役引退を決意

【スポンサーリンク】

キャリア13年(2013-14シーズンは全休)のベテランガード、ジェイソン・リチャードソンは、このオフにアトランタ・ホークスと無保証契約を結んだ。

だが、これ以上の現役続行は難しいと判断し、引退を決意したようだ。

引退に際し、リチャードソンはSNSに次のような文を綴った。

「今日は私にとってほろ苦い日です。プロバスケットボールから正式に引退することを発表します。過去14年を支えてくださったシャーロット、フェニックス、オーランド、フィリー、そして特にベイエリアの組織とファンの方々に感謝しています。引退はこれまでで最も難しい決断でしたが、自分の健康、そして家族と過ごす時間を選びました。それは私にとって重要なことなのです!神の祝福を!」

2001-02シーズンにウォリアーズでデビューしたリチャードソンは、キャリア通算857試合に出場し、平均17.1得点、5.0リバウンド、2.7アシスト、1.2スティール、FG成功率43.8%、3P成功率37.0%を記録。

晩年は怪我に苦しみ、パフォーマンスを落としていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA