フィル・ジャクソン球団社長 コービー・ブライアントの現役続行とロサンゼルス離脱を予言

【スポンサーリンク】

契約最終年を迎えるロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントは、2015-16シーズンで現役を引退すると噂されている。

ブライアント本人はまだ引退の意思を明かしていないものの、かつてブライアントと共にレイカーズで一時代を築き上げた現ニューヨーク・ニックス球団社長のフィル・ジャクソンは、ブライアントの引退について次のようにコメント。The Wall Street Journalが伝えた。

「私はこれが彼(ブライアント)のラストイヤーとは思ってない。レイカーとしてラストイヤーになるかもしれないね」

つまり、現役は続行するが、それはレイカーズ以外のチームであるということだ。

ジャクソン球団社長はブライアントをニックスに引き入れるつもりなのだろうか?

なお、ブライアントとカーメロ・アンソニーは親交が厚く、昨年夏にはアンソニーをレイカーズに勧誘したとされている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA