ジュリアス・ランドル リハビリを支え続けたコービー・ブライアントに感謝

【スポンサーリンク】

2年目を迎えるロサンゼルス・レイカーズのジュリアス・ランドルは昨季、開幕戦での骨折より、ルーキーシーズンを棒に振った。

実質、2015-16シーズンがルーキーシーズンと言っても過言ではないだろう。

長いリハビリ期間を経て、ようやく復帰するランドルだが、苦しい時間を助けたのはエースのコービー・ブライアントだったようだ。ランドルのコメントをYahoo!Sportsが伝えている。

「リハビリ期間中に最も助けてくれたのは、断然コービーだった。彼にプレイし続ける理由を俺らが与えることができればと思うよ。彼から学び続けたいんだ。コービーはチャレンジしていくだろうし、背中を押し続けてくれる。ゲームに対する熱と愛情があれば、悩むことなんてない。彼は人をイライラさせるようなことを言わず、考えさせるようなことを言ってるんだと思う」

ブライアントは来季がラストシーズンとも言われているが、支え続けてくれたブライアントを今度はランドルが支えるのだろう。

両者の間には間違いなく信頼関係が構築されているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA