ケビン・ラブ キャブスとの再契約について「とても簡単な選択だった」

【スポンサーリンク】

昨年夏にクリーヴランド・キャバリアーズに移籍したケビン・ラブには、キャブスでの1年目から他チーム移籍の噂があがっていた。

このオフにも他チームと契約するのではという噂が出ていたものの、ラブはFA交渉解禁直後にキャブスと再契約。

再契約前にはレブロン・ジェイムスとマンツーマンで話し合い、互の考えをぶつけあったというが、ラブはもとからキャブスとの再契約を心に決めていたようだ。ラブのコメントをFox Sports Ohioが伝えている。

「それ(キャブスとの再契約)はいつも俺の心の中にあったことなんだ。幸せになるため、勝利のため、そして大好きなことで金を稼ぐためにね。とても簡単な選択だったよ」

また、ラブはジェイムスやカイリー・アービングとの友情についても言及し、それが再契約を決断させた理由のひとつになったという。

昨季はジェイムスとの不和も噂されたラブだが、改めてチームメイトとの絆を確認し、新たなシーズンに臨むことだろう。

なお、昨季のラブはレギュラーシーズン75試合に出場し、平均16.4得点、9.7リバウンド、2.2アシスト、FG成功率43.4%、3P成功率36.7%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA