ウェズリー・ジョンソン レイカーズについて「誰も共にプレイしてなかった」

【PR】

このオフにロサンゼルス・クリッパーズと契約したウェズリー・ジョンソンは、クリッパーズで先発起用されると噂されている。

ドアマットチームに沈んでしまったロサンゼルス・レイカーズから、プレイオフ常連チームであるクリッパーズに移籍したジョンソンにとって、来季は自身の実力を示す一年となるだろう。

そのジョンソンが、レイカーズが悲惨な成績に終わった理由について言及した模様。ジョンソンのコメントをthe OC Registerが伝えた。

「誰でもコートに出て適切なプレイをしたいものだよね。だけど、みんな自分自身を証明したがってたんだ。そして、何が起こってるのか理解してるヤツは誰もいなかった。誰も分かってなかった。そんな状態だと誰だって苦労するし、良いリズム、良い流れを得るのは難しい。誰も共にプレイしてなかったってことさ」

「俺はゲームの流れに乗ってプレイしようとしてたけど、流れを得るのが難しかった。何が起こってたのか分からなかったんだ。コートに出たいし、ボールに触りたいし、時々は爆発したよ。勝ちたかったんだけど、ボールをもらえないなら難しいよね」

ショットを持ち味のひとつとするジョンソンだけに、ボールが回ってこないことにフラストレーションを抱えていたのだろう。

結果的にバイロン・スコットHCの手腕にも疑問を持たせることになったが、来季のジョンソンはこれまで以上のパフォーマンスを見せてくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読