カーメロ・アンソニー「あと4~5年はハイレベルでプレイできる」

【スポンサーリンク】

フランチャイズ史上ワースト記録となる17勝65敗という成績で昨季を終えたニューヨーク・ニックスにとって、2015-16シーズンは再起をかけた一年となる。

そして、それはニックスにとってだけでなく、カーメロ・アンソニーにとっても同じだろう。

すでに31歳となり、パフォーマンスの衰えが心配されるアンソニーだが、どのような評価があるにしろ、アンソニーは今後もハイレベルでのパフォーマンスを続ける自信を持っている。アンソニーのコメントをESPNが伝えた。

「あと4年か5年はハイレベルでプレイすることができる。間違いなく、間違いなくね」

「手術の後、どうあがいてもまっすぐ走ることができる男ではなくなってしまった。でも、今の俺はこう思ってるんだ。(手術により)あと4~5年はハイレベルでプレイできるまでになった、とね。」

クイックジャンパーを武器のひとつとするアンソニーだが、これは加齢と共に衰える技でもある。

だが、アンソニーはクイックジャンパーだけに頼ることなく、その他のプレイを織り交ぜていくことにより、35歳を過ぎでもかつてのようなハイレベルなパフォーマンスを続けることが出来るという。

トレーニングキャンプを終え、膝の状態に手応えを感じたというアンソニー。

まだリハビリの途中であることを明かし、今後検査を受ける予定となっているが、少なくとも自信は取り戻しつつあるようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA