ジョージ・カールHC デマーカス・カズンズのトレード論争について謝罪

【スポンサーリンク】

このオフのサクラメント・キングスは、元オールスターポイントガードのレイジョン・ロンドをロスターに加えるなどチーム層の強化に成功した一方で、デマーカス・カズンズとジョージ・カールHCの不仲が表面化した。

カールHCはカズンズのトレードを訴え、これにはブラデ・ディバッツらキングスのフロントオフィスは強く反発。

一時はカールHCの解任論まで浮上するなど、慌ただしいオフを送ったといっても良いだろう。

だが、カールHCとカズンズは徐々に歩み寄り、新シーズンへの準備を進めている。

そしてプレシーズンに突入した今、カールHCがカズンズのトレードを訴えたことについて謝罪した模様。カールHCのコメントをCSNBayArea.comが伝えた。

「正直に話すけど、トレードを訴えたことについてはデマーカスに謝罪したよ。私にとって、あれは間違いだった。だって君たちメディアはそれを取り上げ、狂ったように噂が吹き荒れたからね」

「だけど、あんなことを言わないようスマートにならなければね。私の責任だから。あのコメントが広がって、みんながトレードについて記事を書き始めた。だから私は謝罪したんだ」

キングスが復活を遂げるためには、カールHCとプライヤーらの間に信頼関係が構築されていることが求められる。

今季のキングスにはカズンズをはじめ、ロンドなどアクの強いプレイヤーが揃っているが、果たしてカールHCはどうまとめていくのだろうか。

なお、キングスの2015-16シーズンは日本時間29日、強豪ロサンゼルス・クリッパーズをホームに迎えて開幕する。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA