アンドリュー・ボガット オフに約9kgのダイエットに成功

【スポンサーリンク】

オフに入るとダイエットにチャレンジし、新たなスタイルで新シーズンを迎えるプレイヤーも数多くいる。

昨年オフにはクリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスやニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーらがダイエットに成功したことで話題となったが、このオフにはシャーロット・ホーネッツのアル・ジェファーソンやトロント・ラプターズのカイル・ローリーらがダイエットに成功した。

そして、昨季王者であるゴールデンステイト・ウォリアーズのセンター、アンドリュー・ボガットもダイエットに成功したようだ。

San Francisco Chronicleによると、ボガットはこのオフに約9kgのダイエットに成功し、「身体にバネを感じる」と話したという。

過去には怪我に苦しめられるシーズンもあったボガットだが、ここ2シーズンは大きな怪我なく過ごせている。

ウォリアーズが連覇を果たすためには、ボガットが健康な状態でプレイし続けることが欠かせない。

そしてボガットもそれを理解し、万全なコンディションで来季を迎えるのだろう。

なお、昨季のボガットはレギュラーシーズン67試合に出場し、平均6.3得点、8.1リバウンド、2.7アシスト、1.7ブロックショット、FG成功率56.3%、フリースロー成功率52.4%を記録。

プレイオフでは19試合に出場し、平均4.7得点、8.1リバウンド、1.9アシスト、1.8ブロックショット、FG成功率56.0%、フリースロー成功率38.5%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA