タイ・ローソン「勝たなければエリートポイントガードじゃない」

【スポンサーリンク】

このオフのトレードでヒューストン・ロケッツに移籍したタイ・ローソンの饒舌ぶりが止まらない。

昨季MVPに輝き、ゴールデンステイト・ウォリアーズをフランチャイズ40年ぶりとなるタイトル獲得に導いたステファン・カリーのディフェンスを批判したばかりのローソンだが、ローソンによると、エリートポイントガードの地位を確立するためには何よりも勝利が求められるという。

ローソンはエリートポイントガードの認識について次のようにコメント。Yahoo Sportsが伝えている。

「ひとつのカンファレンスにおいて、そんなに多くの良いポイントガードに出くわしたとは俺は思ってない。勝たなければならないんだ。このリーグでエリートポイントガードになりたいなら、勝利しなければならない。カンファレンスファイナルで戦い、NBAファイナルで戦わなければならない。もし勝てないなら、二流もしくは三流のポイントガードであり続けるだろうね」

そう話すローソンだが、このコメントはロサンゼルス・クリッパーズのクリス・ポールについてのものとも噂されている。

ポイントガードひとりの力でチームをタイトル獲得へ導くのは非常に困難だが、クリッパーズには勝利できるだけのメンバーが揃っている。

一方、ローソンが所属するヒューストン・ロケッツもタイトル獲得を狙えるチームであり、もしタイトルを獲得できないのであれば、ローソンは自身を二流もしくは三流のポイントガードとみなさなければならないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA