ドック・リバースHC「ランス・スティーブンソンは素晴らしいシューターじゃない」

【PR】

プレシーズン2試合を終え、優勝候補の一角に挙げられているロサンゼルス・クリッパーズは1勝1敗の成績を残している。

新加入のポール・ピアースやジョッシュ・スミスはまずまずのパフォーマンスを見せているが、ランス・スティーブンソンについて言えばインディアナ・ペイサーズ時代のようなパフォーマンスを発揮できていない。

スティーブンソンはプレシーズン2試合でFG14本中2本の成功、合計6得点に甘んじている。

もちろん、プレシーズン2試合を終えたばかりであり、評価するにはまだ早い。

そんな中、ドック・リバースHCがスティーブンソンに対し、スコアラーではなくプレイメイカーとしての役割を求めていると発言。リバースHCのコメントをthe Los Angeles Timesが伝えた。

「ランスは素晴らしいシューターじゃない。私は彼のことをスコアラーとして見てないよ。ランスのことはプレイをクリエイトする男として見てるんだ。我々のために、彼ならそれをやってのけてくれると思う」

今季のクリッパーズのベンチには、スティーブンソンやスミス、そしてジャマール・クロフォードら有能なタレントが揃っている。

スティーブンソンがプレイメーカーとしての役割を全うすることができれば、クリッパーズのセカンドユニットはさらに強力な布陣となるだろう。

そして、リバースHCはそう仕向けなければならない。

スティーブンソンがクリッパーズに与える影響はポジティブなものなのか、それともネガティブなものなのか。

来季のクリッパーズには必然的に注目が集まる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読