JR・スミス「デイビッド・ブラットHCのためにすべてを捧げる」

【スポンサーリンク】

このオフにクリーヴランド・キャバリアーズと再契約を結んだJR・スミスは、これまでさまざまな問題を起こしてきた。

試合中に相手プレイヤーの靴ひもを解くなど、通常では考えられないような行為に及んだこともあるスミスだが、これまで指導されたどのヘッドコーチよりもデイビッド・ブラットHCを信頼しているようだ。

スミスによると、ブラットHCはスミスに対してひとりの人間として接し、コート外でもスミスに気を配ってくれているという。スミスのコメントをCleveland.comが伝えている。

「バスケットボールの話に入る前に何より重要なのは、コーチが俺のことをひとりの人間として本当にケアしてくれてるってこと。オン・ザ・コート以上にオフ・ザ・コートでの俺を実際にケアしてくれたコーチは、彼が初めて。だから彼のためにプレイするのは簡単だったし、俺のすべてを捧げる。だって彼は俺に対してひとりの人間として接してくれるんだから。そんな人が後ろにいれば、プレイするのはより簡単になるんだ」

珍しく謙虚な姿勢を見せているスミスだが、昨季のプレイオフ・ファーストラウンドのボストン・セルティックス戦でジェイ・クラウダーの顔面に打撃を見舞い、2試合の出場停止処分を受けた。

2015-16シーズンはキャブスに全身全霊を捧げ、クリーヴランドにフランチャイズ初となるタイトルをもたらしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA