ドウェイン・ケーシーHC「アンソニー・ベネットにドラフト1位は期待してない」

【スポンサーリンク】

2013年のドラフト1位指名でリーグ入りを果たしたアンソニー・ベネットは、未だ真価を発揮することができていない。

このオフにトロント・ラプターズと契約したベネットだが、生まれ故郷であるトロントに帰還したことで、カレッジ時代のようなパフォーマンスが期待されている。

だが、ラプターズのドウェイン・ケーシーHCはベネットに期待を寄せつつも、過剰な期待は避けている模様。ケーシーHCのコメントをYahooが伝えた。

「彼(ベネット)は少しリフレッシュしてここに来たよね。プレッシャーが消えてる。ここに来て、ただバスケットボールをしてるんだ。私は期待してないよ。我々チームはドラフト1位指名選手という期待はしてない。トロントに戻ってきて、みんなの期待に応えることが最大のハードルだと思ってたけど、その必要はないみたいだね。彼はここで出場機会を得るチャンスを手にしたのさ」

ケーシーHCは、かつてダラス・マーベリックスで指導したことにあるブランドン・バス(現ロサンゼルス・レイカーズ)に近いものをベネットに感じているという。

特にディフェンス面で可能性を感じており、2015-16シーズンはバックアップパワーフォワードとして起用される見込みだ。

なお、クリーヴランド・キャバリアーズ時代のベネットは主にスモールフォワードのポジションで、ミネソタ・ティンバーウルブズ時代は主にパワーフォワードのポジションでプレイしていた。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    KGのバックアップがベネットって?

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

      ウルブズとごっちゃになってしまいました・・・
      助かりました!

*

CAPTCHA