ウィザーズのアラン・アンダーソン 左足首の再手術

【スポンサーリンク】

このオフにワシントン・ウィザーズと契約したベテランフォワードのアラン・アンダーソンが、左足首の手術を受けた模様。ウィザーズが公式ホームページで発表している。

今年5月にも左足首を手術していたアンダーソンだが、ウィザーズによると、アンダーソンはトレーニングキャンプ初日から足首の痛みに悩まされていたという。

なお、この手術は左足首の骨片を取り除くために行われ、無事成功した模様。

復帰までのタイムスケジュールは決定していない。

ポール・ピアースを失ったウィザーズにおいて、アンダーソンはその穴を埋めるひとりとして期待されていただけに、ウィザーズは早くも打撃を被る形となってしまった。

30歳のアンダーソンは昨季、ブルックリン・ネッツでレギュラーシーズン74試合に出場し、平均7.4得点、2.8リバウンド、1.1アシスト、FG成功率44.3%、3P成功率34.8%を記録。

キャリアではイタリアやロシア、クロアチア、イスラエル、スペインでプレイした経験を持つ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA