容体回復傾向のラマー・オドム 理学療法を開始か?

【スポンサーリンク】

意識不明の状態から回復したラマー・オドムは、今現在もわずながらに回復を続けているようだ。

すでに人工呼吸器は外れ、自発呼吸を始めているというオドムだが、今度は障害の程度を確認し、日常生活にどれほどの影響があるか確認していくことになるだろう。

the Los Angeles Daily Newsによると、そのファーストステップとして、理学療法をスタートさせる模様。

この理学療法により、オドムが歩くことができるかどうかチェックするという。

だが、理学療法を受けられる状態にあるのかどうかは、現時点で分かっていないようだ。

また、オドムは肺と腎臓の治療を続けているということも明かされた。

現在35歳のオドムは、精力増強剤などの過剰摂取によって意識不明に陥り、ロサンゼルスの病院へ緊急搬送。

一時は命を失うリスクもあったが、辛うじて山は乗り越え、わずかながらも回復に向かっている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    クロ●・カー●シアンって女、まだ付き添ってんのかね?
    オドムが生死の境になってからべったり付き添うくらいなら、オドムのメンタルの弱さを見捨ててハーデンに走らずに、もっと支えてやれば良かったのに。

    さすがソーシャリスト、節操ないと言うか何と言うか。
    しこたまカネ持ってるくせに、また本でも出して儲けようとしてるとしか思えない。

*

CAPTCHA