ブルズ ニコラ・ミロティッチを4番のポジションで先発起用か?

【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズのジョアキム・ノアは昨季、怪我に苦しめられた。

インサイドを支えるノアが安定して出場できないということは、ブルズにとってひとつのデメリットと言えるだろう。

一方で、ノアのディフェンスはチームの重要な武器でもある。

ブルズのフレッド・ホイバーグ新HCは、そのノアをベンチから起用し、先発にニコラ・ミロティッチを起用することを検討している模様。

the Chicago Tribuneによると、日本時間28日に予定しているクリーヴランド・キャバリアーズ戦で、ホイバーグHCはミロティッチを先発起用する方向で考えているという。

ただし、ホイバーグHCはミロティッチの先発起用を明言しておらず、蓋を開けてみるまで分からない。

なお、昨季のノアはレギュラーシーズン67試合に出場し、平均30.6分のプレイで7.2得点、9.6リバウンド、1.1ブロックショット、FG成功率44.5%、フリースロー成功率60.3%を記録。

一方のミロティッチはレギュラーシーズン82試合に出場し、平均20.2分のプレイで10.2得点、4.9リバウンド、FG成功率40.5%、3P成功率31.6%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA