チャンドラー・パーソンズ フル練習に手術後初参加

【スポンサーリンク】

5月に膝を手術したダラス・マーベリックスのチャンドラー・パーソンズが、手術後初めてフル練習に参加した模様。

一方で、フル練習には復帰したものの、日本時間10月29日に予定している2015-16シーズン開幕戦にフル出場できるかどうかはまだ分からないという。

トレーニングを終えたパーソンズは、自身の状態について次のように評価。ESPNが伝えている。

「疲れてるけど、良い感じだよ。少し錆び付いてる。100%の状態に戻るまで、明らかに時間がかかるだろうね。読みやタイミング、すべてを取り戻さなくちゃ。でも、まったく痛みを感じることなくすべての練習を言えることができた。すごくポジティブなことだと思う」

パーソンズと同じく負傷離脱していたウェズリー・マシューズも順調に回復しており、レギュラーシーズンの早いうちから完全復帰が期待できそうだ。

ただし、このオフに契約した元オールスターポイントガードのデロン・ウィリアムスについては、まだ完全復帰の目処が立っていない。

昨季からマブスでプレイしているパーソンズは、マブスでレギュラーシーズン66試合に出場し、平均15.7得点、4.9リバウンド、2.4アシスト、1.0スティール、FG成功率46.2%、3P成功率38.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA