ジェラルド・グリーン 銃のジェスチャーで25000ドルの罰金処分

【スポンサーリンク】

先日行われたワシントン・ウィザーズとのプレシーズンゲームで、マイアミ・ヒートのジェラルド・グリーンは28得点をあげるパフォーマンスでチームを牽引した。

FG14本中8本成功という高確率でショットを決めたものの、ショットを決めた後に銃のジェスチャーをしてしまった。

リーグはグリーンのこのジェスチャーに対し、25000ドルの罰金処分を科すことを発表。

近年は銃の問題が大きくなってきているアメリカだが、リーグもその動きに追随し、銃を連想させるようなジェスチャーに対しては厳しい対応を続けている。

残念ながら、グリーンはそれを知らなかったのだろう。

とはいえ、グリーンが期待されているスコアリング能力を見せてくれたのは、何とも頼もしい限りだ。

なお、昨季のグリーンはフェニックス・サンズでレギュラーシーズン74試合に出場し、平均11.9得点、2.5リバウンド、1.2アシスト、FG成功率41.6%、3P成功率35.4%を記録。

キャリア8年では通算428試合に出場し、平均10.2得点、2.5リバウンド、1.0アシスト、FG成功率42.5%、3P成功率36.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA