デリック・ローズ ジミー・バトラーとの不仲説を再否定

【スポンサーリンク】

デリック・ローズが怪我で長期離脱している間、ジミー・バトラーは着実に成長を遂げ、シカゴ・ブルズを牽引するプレイヤーとなった。

復帰したローズとバトラーが時たま息の合わないプレイをしてしまったということもあり、両者の間に不仲説が浮上。

その度にローズとバトラーは不仲説を否定してきたが、その噂は今でも消えていない。

そんな中、ローズがバトラーとの不仲説を再否定。ローズのコメントをCSN Chicagoが伝えている。

「(不仲説は)間違ってる。すごく間違ってる。すごく間違ってる。バトラーのことはプレイヤーとして、ひとりの人間として大好きなんだ。彼には明るい未来がある。天井がないプレイヤーと俺のキャリアで一緒にプレイできるなんて、本当に幸運だよ。このチームでプレイできることだけじゃなく、彼のような男と一緒にプレイできることにすごく興奮してる」

かつてはローズを中心としたブルズも、今ではバトラーが中心になりつつある。

だが、ローズとバトラーが共存し、よりケミストリーが発揮されるようになれば、ブルズにとって大きなオプションとなるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA