ラマーカス・オルドリッジ ダミアン・リラードとの不仲説について「何の問題もない」

【スポンサーリンク】

オールスターフォワードのラマーカス・オルドリッジがポートランド・トレイルブレイザーズを離れ、サンアントニオ・スパーズと契約したひとつの要因は、ダミアン・リラードとの不仲にあると噂されている。

これに対し、リラードはオルドリッジとの良好な関係をアピールしたが、オルドリッジもリラードとの不仲説を否定した模様。SI.comがオルドリッジのコメントを伝えた。

「彼との間には何の問題もない。あんな噂は事実じゃない。彼と対立したこともないんだ。俺に問題があるとしたら、なんでスパーズに来たんだ?スパーズはスター選手として誰も持ち上げたりしないよ」

ブレイザーズでスーパースタークラスの扱いを受けていたオルドリッジだったが、リラードの成長により、ブレイザーズは1チームに2人のスーパースターを抱えることとなった。

これまで浴びていた光がリラードに移ることもあり、オルドリッジはそれにも不満を感じていたと噂されている。

だが、それらすべては真実ではないようだ。

なお、スパーズと契約した理由について、オルドリッジは「テキサスの家に近いから」と述べている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA