ロイ・ヒバート「俺は219cmのブラック・ボガット」

【PR】

このオフにロサンゼルス・レイカーズと契約したロイ・ヒバートは、自身の役割がディフェンスにあることを理解している。

オフェンスはコービー・ブライアントやディアンジェロ・ラッセル、ジュリアス・ランドルらが牽引していくだろう。

ここ数年のレイカーズはディフェンスに大きな問題を抱えているため、ヒバートがディフェンスで貢献できれば、レイカーズにとってひとつの強みとなり得る。

ヒバートは自身の役割をゴールデンステイト・ウォリアーズのセンター、アンドリュー・ボガットと比較。ヒバートのコメントをUSA TODAYが伝えた。

「もし俺にできることがあるなら、それはアンドリュー・ボガットのように歯車になること。ディフェンスして、リバウンドをとって、楽にさせられるようなビッグマンになること。分かってると思うけど、俺ならその役割を受け入れることができる。俺らには素晴らしいスコアラーたち、素晴らしい若い男たち、そして最も偉大なプレイヤーであるコービー・ブライアントがいるからね」

「オフェンスにおいて、俺はそれほど必要性がない。だけど、ディフェンスでは存在感を発揮する。ボガットのようにね。俺は219cmのブラック・ボガットなんだ」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのディフェンスを支えるボガットをそう分析したヒバートだが、ヒバートはもともとディフェンスに定評のある選手。

ボガットを上回るほどのパフォーマンスでレイカーズのディフェンスを再建してもらいたいところだ。

なお、ヒバートのコメントに対し、ボガットはTwitter「ありがとう?」と困惑のコメントをアップしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読