メッタ・ワールドピース ロスター最後の1枠を勝ち取る

【PR】

ロサンゼルス・レイカーズがジャバリ・ブラウンを解雇した模様。公式ホームページで発表した。

日本時間26日の時点でレイカーズのロスターには16選手が登録されており、最後の1枠にはブラウン、もしくはメッタ・ワールドピースが選ばれると見られていたが、ブラウンの解雇により、ワールドピースがロスター入りを果たしたこととなる。

ワールドピースをロスターに残した大きな理由は、やはり若手プレイヤーへの指南役として期待しているからだろう。

ジュリアス・ランドルもワールドピースに“師”としての役割を強く求めていた。

なお、Yahoo! Sportsによると、レイカーズはワールドピースに2015-16シーズンだけでなく、長期的に若手プレイヤーへの指導を求めており、将来的にはアシスタントコーチ起用も考えていると噂されているようだ。

解雇されたブラウンは、プレシーズンで平均14.3分出場し、平均6.0得点を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読