ジョージ・カールHC ルーキーのウィリー・コーリー・ステインを先発起用へ

【スポンサーリンク】

ケンタッキー大学出身の7フッター、ウィリー・コーリー・ステインは、運動能力があるビッグマンとしても知られている。

だが、NBAで戦うためには、より素早い判断力とバスケットボールIQが求められるだろう。

コーリー・ステインは自身の現状についてNBAのコンセプトを理解しようとしてるところ」としているものの、サクラメント・キングスの名将ジョージ・カールHCはコーリー・ステインに高い可能性を感じているようだ。

カールHCはコーリー・ステインを4番のポジションで先発起用させ、デマーカス・カズンズとのコンビネーションを作り上げようとしている模様。カールHCのコメントをCSNBayArea.comが伝えている。

「彼(コーリー・ステイン)はかなり良いと思う。現時点で、ウィリーはおそらく先発するだろう。まだ確実なことじゃないが、おそらくそうなると思うよ」

カズンズと同じく、コーリー・ステインも走れるビッグマン。

また、ブロックショットにも定評があり、カズンズのディフェンス負担とファウルトラブルを軽減することができるだろう。

なお、これまではコスタ・クーフォスが4番のポジションで先発起用されると予想されていたが、コーリー・ステインが先発する場合、クーフォスはバックアップに回る。

コーリー・ステインとカズンズがどのようなハーモニーを奏でるか、注目が集まることとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA