ラマー・オドム 腎臓移植回避を検討か?

【スポンサーリンク】

一時は命の危険にさらされたラマー・オドムだが、奇跡的な回復を遂げ、言葉を発せられるまでになった。

だが、腎臓に重大なリスクを負っているとされており、腎臓移植の必要があると伝えられたが、現在は腎臓移植を回避する方向で検討している模様。

the Los Angeles Daily Newsによると、オドムは腎臓移植を回避するためにカウンセリングを受けるという。

理学療法を開始し、自身の力で歩行できるまでに回復したオドム。

完全回復にはほど遠い状況ではあるものの、まさに奇跡的な回復を続けていると言えるだろう。

また、オドムは薬物中毒のカウンセリングも受けるようだ。

なお、オドムとの復縁を決断したクロエ・カーダシアンは、オドムへの愛を次のように語った。

「あのショッキングなニュースを聞いた時、私が理解できたすべては、彼のところに行かないといけないってことだった。彼の元に行かないといけなかったの。彼が大丈夫なことを確かめるために。彼が置かれてた状況を憎んでるわ。誰にも彼と同じような状況になってほしくない。特に私が愛してる人や気にかけてる人にはね」

「私はいつだって彼を愛してた。そしてこれからも愛していくの。愛が気まぐれなものだとは思ってないわ」

「誰かを愛する時、離れた場所からでも愛せるの。私はそう信じてる。彼を愛するために、一緒にいる必要はないの」

離れている間も、常に心の中にオドムがいたのだろう。

真実かどうか定かではないが。

一方、カーダシアンと交際していたジェイムス・ハーデンはどう感じているのだろうか。

今はオドムのさらなる回復を祈り、ハーデンにはMVPクラスのパフォーマンスを期待したい。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    確かに、気まぐれな女ではない。極めて打算的だ。
    金のなる便利な木見つけたーって感じだろうな。
    この女、性格が悪すぎる。

  2. By 匿名

    あざとい女だな

*

CAPTCHA