ジョアキム・ノア「ベンチから出たいなんて一度も言ったことがない」

【スポンサーリンク】

これまでシカゴ・ブルズのインサイドを支え続けてきた元ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーのジョアキム・ノアは、フレッド・ホイバーグHC新体制の下、ベンチ起用とされている。

パウ・ガソルとのコンビネーション問題や怪我が多いことなどを鑑み、ベンチ起用になったとされているが、ノアは先発出場を諦めたわけではない。

現時点ではニコラ・ミロティッチに先発の座を譲っているものの、先発復帰を虎視眈々と狙っている。

ノアはベンチ起用について次のようにコメント。Chicago Tribuneが伝えた。

「ベンチから出たいなんて、これまで一度も言ったことがないよ。チームのためにベストを尽くすと言っておこう」

一方、ノアはホイバーグHCに対し、ガソルよりタージ・ギブソンとのプレイのほうが相性が良いと明かしていた模様。ホイバーグHCは次のように話した。

「彼(ノア)は『タージとはいつだってうまくプレイできる』と言ってた。そして『ニコ(ミロティッチ)とパウはすごくコンビネーションが良いと思う。だから、その線で行こう』とも言ってたんだ」

そのノアは、ガソルとのコンビネーションがうまくいかない原因は二人のポジションにあると考えているようだ。

「パワーフォワードよりセンターのポジションでプレイするほうが、俺はもっと効果的になると思う。それが真実。パウも同じように思ってるんじゃないかな。俺らにはすごく優れてるパワーフォワードが二人いるんだ。これは大きな意味を持つだろうね」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA